【麺ギフト】 岩手県民が選んだのは盛岡三大麺だけじゃない? 12種類が入った麺恋Box


中華麺の購入日本一! 日本有数の麺どころ、岩手県盛岡市


夏になると食べたくなる「」!つるつると食べやすく、気分によって味を変えて楽しめるため、おうちご飯に重宝しますよね。

実は、日本で一番中華麺の購入量が多い県庁所在地は岩手県盛岡市。(※総務省統計局が実施した家計調査報告・令和元年~令和3年平均より)麺が市民にとても好まれています。
そんな麺どころ・岩手県盛岡市には「盛岡三大麺」と呼ばれるユニークな麺があるのをご存じでしょうか?



盛岡三大麺 「冷麺」「じゃじゃ麺」「わんこそば」だけじゃない⁈ 岩手県で麺が愛される理由

盛岡三大麺とは
・シコシコ麺と牛骨スープの「盛岡冷麺
・平麺と肉味噌が調和する「じゃじゃ麺
・おわんのそばをたいらげる「わんこそば
の3つ。
どれも違った魅力を持つ、盛岡市生まれのユニークな麺です。

この三大麺以外にも、岩手県にはそば素麺ラーメンなど魅力的な麺がたくさんあり、地元の人々に長く愛されてきました。
では、なぜそれほどまでに麺が岩手県の人々に愛されてきたのでしょうか?

盛岡市がある岩手県北部は平野が少なく寒暖の差が激しかったため、稲作には不向きな土地でした。そんな中でそば素麺や中華麺の原料となる小麦・ヒエ・大豆などが古くから栽培され、地元の人々の主食として食生活を支えてきました。そばや小麦から作られた麺は、岩手の山や三陸の海から採れる恵みと一緒に食べられ、愛されてきたのです。

岩手の人々にとって、そばや小麦等を使用した麺が身近な存在になるのも納得ですね!



tamaponGift「麺に恋する♡麺恋Box」で厳選された岩手の麺をご堪能下さい!

tamapongiftでは、岩手で生まれた盛岡三大麺「冷麺」「じゃじゃ麺」「わんこそば」の他にも、蕎麦やラーメンなど全12種類のユニークな麺が味わえる「麺に恋する♡麺恋BOX」を取り扱っています。

ぜひ、岩手の人々に愛される名物麺をご堪能下さい!

オススメのギフト

岩手めんこいテレビプレゼンツ 麺に恋する♡麺恋Box

総数:228

盛岡市は、総務省統計局が実施した家計調査報告(令和元年~令和3年平均)において、中華麺の購入が全国の県庁所在地で第一位となるなど、麺が市民にとても好まれている街です。そして三大麺と言われる、シコシコ麺...

価格 3,990 円(税込)